IQ-LAB アイキュー・ラボ

contact

2021.4.30

マンション販売にも「リアルマーケティング」が必須!?

マンション販売にも「リアルマーケティング」が必須!?
⽬次

1. 分譲マンション業界の「トレンド」とは?

1. 分譲マンション業界の「トレンド」とは?

過去のリーマンショックから、近年の都心回帰、そして直近のコロナ影響など、長い目で見てマンション業界にも様々な「波」が存在しますが、
ここ10数年間、変わらないトレンドがあります。

それは「高騰化」と「コンパクト化」です。

15年前である2006年の名古屋市新築分譲マンションの平均坪単価は136.5万円でしたが、2020年の平均坪単価は235.5万円となっており、約1.7倍にもなっています。
同じく、2006年の平均専有面積は、85.2㎡でしたが、2020年の平均専有面積は、73.4㎡と10㎡以上もコンパクト化しています。

つまり、もはや「10〜15年前の知識や感覚、経験値だけでは、マンションを販売するのは難しくなっている」と言っても過言ではありません。
そして、この激動のマンション市場の中、過去のデータだけに頼ってマーケティングを行っても、実際のユーザーのリアルな購買行動は見えづらい、と言えるでしょう。

特に東海圏市場に新たに参入されたディベロッパーさんからよくお聞きするのは「名古屋圏の市場は難しい」というお声です。

2. 数多くの実績があるからこそできる「リアルマーケティング」

2. 数多くの実績があるからこそできる「リアルマーケティング」

I&Qは、過去30年近いマンション広告の担当実績と、東海三県でもトップクラスのシェアを誇っており、
エリア内物件の「売れ行き動向」や「購入者の属性・傾向」などの「リアルな情報」を、多くの実績や分析データからストックできているため、
更新性が高く、精度の高い、リアルなマーケティングを行うことができます。

そして導き出した販売戦略をベースに、
効果とインパクトの高い「広告ビジュアル提案」と、多くの実績値に基づいた最適な「プロモーション提案」を行っています。

「最近のマンションユーザー動向がわからない」「東海圏市場は経験が少なくよくわからない」「土地勘や経験の少ない広告代理店では不安」
といったお悩みを持つ不動産業者様、マンションディベロッパー様がいらっしゃいましたら、なにとぞご相談ください。
最適なご提案をさせていただきます。ぜひぜひお問い合わせをお待ちしております!

I&Qの分譲マンション広告実績ページへ

過去のリーマンショックから、近年の都心回帰、そして直近のコロナ影響など、長い目で見て、マンション業界にも様々な「波」が存在しますが、ここ10数年間、変わらないトレンドがあります。それは「高騰化」と「コンパクト化」です。

15年前である2006年の名古屋市新築分譲マンションの平均坪単価は136.5万円でしたが、2020年の平均坪単価は235.5万円となっており、約1.7倍になっています。

同じく2006年の平均専有面積は、85.2㎡でしたが、2020年の平均専有面積は、73.4㎡と10㎡以上もコンパクト化しています。

つまり、もはや「10〜15年前の知識や感覚、経験値だけでは、マンションを販売するのは難しくなっている」と言っても過言ではありません。

そして、この激動のマンション市場の中、過去のデータだけに頼ってマーケティングを行っても、実際のユーザーのリアルな購買行動は見えづらい、と言えるでしょう。

特に東海圏市場に新たに参入されたディベロッパーさんからよくお聞きするのは「名古屋圏の市場は難しい」というお声です。

I&Qは、過去30年近いマンション広告の担当実績と、東海三県でもトップクラスのシェアを誇っており、エリア内物件の「売れ行き動向」や「購入者の属性・傾向」などの「リアルな情報」を、多くの実績や分析データからストックできているため、更新性が高く、精度の高い、リアルなマーケティングを行うことができます。

そして導き出した販売戦略をベースに、効果とインパクトの高い「広告ビジュアル提案」と、多くの実績値に基づいた最適な「プロモーション提案」を行っています。

「最近のマンションユーザー動向がわからない」「東海圏市場は経験が少なくよくわからない」「土地勘や経験の少ない広告代理店では不安」といったお悩みを持つ不動産業者様、マンションディベロッパー様がいらっしゃいましたら、なにとぞご相談ください。最適なご提案をさせていただきます。お問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせ

twitterfacebook

関連タグ 

関連記事