IQ-LAB アイキュー・ラボ

contact

2021.5.7

「説明会での参加学生の熱量がイマイチ低い」のはなぜ?

「説明会での参加学生の熱量がイマイチ低い」のはなぜ?
⽬次

1.そもそも学生の会社説明会に対する期待値が低い、という現実。

就活学生から毎年のように尋ねられる質問があります。「会社説明会って行く意味あるんですか?」という質問です。いわく「行かないとエントリーシートがもらえないから行くけど、時間の無駄に感じてなりません」とのこと。期待していた程の情報が、説明会で得られなかったのだそうです。一方で、企業の採用ご担当者からも、「説明会の参加学生の熱量が感じられない」「うちの会社のスライドって学生に伝わってると思う?」といった相談をよくいただきます。「聞きたい話」と「伝えたい話」のミスマッチが解消されないと、せっかくの説明会も確かに開催の意味がありません。双方に多大な機会損失を生んでしまいますよね。

でもこれ、考えようによってはチャンスなのです。なぜなら、おそらく採用競合する他社も同じように就活学生から「来た意味がなかった」と思われているわけですから。言い換えれば、会社説明会をリメイクすることで、貴社が「特別な存在」として学生のマインドシェアを獲得できる可能性が高いということでもあります。

私たちI&Qは、広告会社です。毎月何案件も競合プレゼンの機会をいただき、1位指名をいただくことで生業を立てている、いわばプレゼンのプロ、という自負があります。そのノウハウをフルに駆使して、会社説明会そのもののリメイクもこれまでたくさんお手伝いし、エントリーシートの提出率も大きく増やしてきました。「学生の心をつかんで離さない説明会」を設計するには、ちょっとしたコツがあるのです。

2.「自社」「採用競合社」「就活学生」の3C分析してますか?

学生の関心ごとは「自身がどう成長でき、どんな仕事人生を送って幸せになれるか」に尽きます。I&Qが大切にしているのは、ここから逆算した2点。それは「本当に伝えるべきこと」の絞り込み、そして「学生のエモーショナル導線」に沿ったプレゼン設計、です。

まず、「伝えるべきこと」とは、「(企業が)伝えたいこと」ではなく、上記の「(就活学生が)知りたいこと」から組み立てます。そのために、採用ご担当者様と膝を突き合わせて最初に取り組むのが、3C分析。採用競合となる会社の仕事環境を再調査し、貴社の現況と突き合わせながら「学生を魅了しうる貴社の優位性」を棚卸しします。次に、学生の知りたい情報を調査。これは、グーグル・アナリティクスを使って貴社の採用ページの閲覧傾向を解析させていただきながら、いま現在の公開情報の中で「学生は貴社のどこに関心があるのか、ないのか」を仕分けます。学生は、会社説明会に「採用サイトでは得られない情報」を期待して参加しますから、先の3C分析の結果を加味しながら、学生にとって何がいま足りない情報かを焦点化して、「伝えるべきこと」を焦点化していくのです。これで概ね、3~5つのテーマに絞られていきます。

3.「忘れられない説明会」を設計しましょう。

次に、「プレゼン設計」です。せっかく抽出した「何を伝えるべきか」の内容も、よくあるテンプレート化した説明会スタイルでは、学生の心に響くことは決してありません。I&Qは、従来の進行セオリーにとらわれることなく、参加学生が「ん、ここはいつもの説明会と様子が違うぞ」と思わず背筋を伸ばすような、そんなスタイルに仕立て直すことを得意としています。そのメソッドを、私たちは「エモーショナル導線に沿ったプレゼン設計」と呼んでいます。

例えば、学生の不安ごとに寄り添って、共感領域から「対話」を進行していく。要所要所にサプライズを仕込み、小さな「いいね」をいくつも重ねる。そして、学生の目がキラキラしてきた頃に、学生がお待ちかねの「伝えるべきこと」を、学生目線にたって、熱量を持って語る…。学生の心を動かすストーリーは、学生のインサイトに寄り添うことで無数に組み立てられるのです。

(「学生の心を動かす説明会設計」は本稿最下部の「ダウンロード」フォームから)

 

「広告会社さんのようにはうまくできないよ」と不安げだった採用ご担当者も、このプレゼン設計をご一緒に組み立てていくプロセスで、ほとんどの皆さんが自信をお持ちになられます。「もうちょっと詳しく聞かせて」という採用ご担当者様がいらっしゃいましたら、豊富なケース事例とともに、最適なご提案をさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。お問い合わせをお待ちしております。

(お問い合わせは本稿最下部の「お問い合わせボタン」から)

    資料のダウンロードをされる方は下記のフォームをご入力ください。
    入力後、資料ダウンロードリンクをメールにて送信いたします。
    氏名(必須)
    会社名(必須)
    部署名
    電話番号
    メールアドレス(必須)

    お問い合わせ

    twitterfacebook

    関連タグ 

    関連記事