IQ-LAB アイキュー・ラボ

contact

2021.5.7

ライブ配信と録画配信をハイブリッドで活用し、WEBセミナーの費用対効果を高めたい。

ライブ配信と録画配信をハイブリッドで活用し、WEBセミナーの費用対効果を高めたい。
⽬次

1.23卒採用のWEBセミナーを、「出会いに“らしさ”を工夫する」ステージへ。

会社説明会のスタイルは、コロナ禍を境に一変しました。

当初「WEBセミナーでは、社風や熱量が届きにくい」「学生の反応がつかみにくい」等々の戸惑いはあったものの、これまで「日程が合わない」「交通費が出せない」等の理由で接点を持ちづらかった学生と出会えるなど、新しい説明会様式はいろんなメリットも運んでくれました。各社が手探りで着手し始めたWEBセミナーも、今年で2年目。いまでは採用ご担当者様も就活学生もすっかり順応し、昨年の「なんとかして会いたい」ステージから、「出会いに“らしさ”を工夫したい」というステージに変わろうとしているように感じます。

ご存知の通り、WEBセミナーには、オンライン上でリアルタイムに開催する「ライブ配信型」と、あらかじめ録画しておいた説明会をネット上でいつでも自由に視聴できる「録画配信型」の2つのタイプに分けられます。それぞれの利点は、「ライブ配信型」は、社風や社内の雰囲気を伝えやすく、チャット機能を通じて質問に答えられるなど、学生一人ひとりの疑問に向き合いやすいこと。そして、「録画配信型」は、具体的な仕事内容を伝えやすく、かつ、学生の視聴機会を多く獲得でき、さらに選考終盤の内定の後押しにも使える、といったところでしょうか。

昨年までは、この2つのタイプのどちらかを選んで配信した企業がほとんどでしたが、今年の傾向として、「それぞれの利点のいいところ採りをして、自社オリジナルの配信をしたい」というご相談を多くいただくようになっています。例えば、「ライブ配信型を基本としつつ、動画アーカイブを残して選考終盤まで学生が視聴できるようにしたい」といったご要望も、その一つ。これは、昨年WEBセミナーの運営を依頼した大手ナビサイトの商品が、高額にも関わらず「ライブ配信した録画内容を短期間しか使わせてもらえず、視聴用のURLも学生50人分しか発行してもらえない」という制約があり、融通の利かなさにはがゆい思いをされた採用ご担当者様が少なくなかったことが伺えます。

2.大手ナビサイトに頼らず、フルオーダーメイドでWEBセミナーを開催しましょう。

2.大手ナビサイトに頼らず、フルオーダーメイドでWEBセミナーを開催しましょう。

WEBセミナーは、大手ナビサイトの専売特許ではないですし、ナビサイト側の都合に合わせる必要も、そして高額な料金を支払うことも、ない、とI&Qは考えます。

I&Qは、昨年からZOOMウェビナーを使用して、多くのWEB説明会をオリジナルで開催し、動画アーカイブもフルに有効活用していただきながらロングテールでアンケートを回収して、採用導線を盤石にするお手伝いをしてきました。採用要件は1社1社違いますし、採用戦略もそれぞれ違う以上、説明会はフルオーダーメイドで作りあげられるべき、と考えてのことです。かかる費用も基本的に、1回分のみのアカウント契約料と必要機材、そしてスタッフ人件費が主ですから、当然ですが大手ナビサイト商品に比べて大きくコストダウンができます。

(「ハイブリッドWEB説明会のご案内」は本稿最下部の「ダウンロード」フォームから)

「大手ナビサイトの制約のために生じた機会損失を、今年は見直し、リカバーしたい」「“自社らしいWEB説明会”にチャレンジし、今年はもっと自由に創ってみたい」という採用ご担当者様がいらっしゃいましたら、いつでも豊富なケース事例とともに、膝を突き合わせて最適なご提案をさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。お問い合わせをお待ちしております。

(お問い合わせは本稿最下部の「お問い合わせボタン」から)

    資料のダウンロードをされる方は下記のフォームをご入力ください。
    入力後、資料ダウンロードリンクをメールにて送信いたします。
    氏名(必須)
    会社名(必須)
    部署名
    電話番号
    メールアドレス(必須)

    お問い合わせ

    twitterfacebook

    関連タグ 

    関連記事